ほしのおりじなるひんやりメニュー

おいしい"麺"の調理法をご紹介いたします。

ほしのおりじなるひんやりメニュー:香ばし夏野菜のビビンひやむぎ〜ジュレソースを絡ませて

香ばし夏野菜のビビンひやむぎ〜ジュレソースを絡ませて

【 材 料 】(2〜4人分)

  • 白だしジュレ
  •   湯      150ml
  •   粉ゼラチン    5g
  •   水      150ml
  •   白だし   大さじ3杯
  •        
  • <*今回使用した白だしは、ヒガシマル「京風割烹 白だし」
  • 茄子        小2本
  • ズッキーニ   100g程(大1/2本程)
  • オリーブオイル    適宜
  • 塩          少々
  • トマト        1個
  • 上州手振りひやむぎ  適宜
  • (A)白だし(ひやむぎ100gに対し小さじ1杯)
  •   オリーブオイル(ひやむぎ100gに対し小さじ2杯)
  • 生ハム        4枚
  • バジルの葉      適宜
  •                 

【 作り方 】

  • (1)白だしジュレを作ります。
  •  湯150mlに粉ゼラチンを溶かします。水150mlと白だしを加え良く混ぜます。
  •  バットに流し、冷やし固めます。*使用した白だしにより味が違ってきます。
  •  味をみながら調節して白だしを混ぜていきましょう。
  • (2)茄子、ズッキーニは1cm幅の輪切りにします。オリーブオイルを絡め塩をまぶし、魚焼きグリルで焼きます。  両面焼きグリル→約4〜6分程 *焼き時間は野菜の大きさ、グリルの機種によって違ってきます。様子をみながら焼きましょう。
  • (3)トマトはくし形に、生ハムは半分の大きさに切ります。
  • (4)茹でて冷水にさらしたひやむぎは、良く水気をきりAを全体に絡め、器に盛ります。
  • (5)固まったジュレをフォークで崩します。ひやむぎの上にジュレと茄子、ズッキーニ、トマト、生ハムと共に 綺麗に盛り付けます。
  •  バジルの葉を散らします。
  •  *時間を置くと、ひやむぎがかたまってきます、早めに全体混ぜて召し上がって下さい。
  •      
レシピ作成:川越直子(料理研究家/サロン ド ルージュ) ■麺調理レシピTOPへ戻る